So-net無料ブログ作成
検索選択

Bリーグを売上高の視点で見てみる(B1-B2-B3) [コラム]

リーグで戦うには資金力、売上が大切。Bリーグに限った話じゃない。


サッカーやJリーグを見ている人は嫌でも分かっていることだと思う。


リーグで戦うには資金力。売上高の視点でBリーグを見ると、むしろ逆に、売上高によって戦えるリーグが決まると言っても間違いではないかもしれない。


選手へ支払えるギャラが多いから。勝てる選手を引っ張ってこれるから。極端な話、たとえB3リーグのチームでもギャラが無限に使えれば、日本トップ選手を全員集めることが出来るし、その結果、戦えるリーグがB1にあがっていくのが自然なこと。


選手は従業員ではなく、運営クラブと契約を結んでいる個人事業主。法人化の有無は一旦おいといて、一人一人が株式会社〇〇の社長だ。給料ではなく、報酬・ギャランティーだ。


選手を商品とすれば、報酬はその商品を1年間使用する使用料。その選手の評価額。


選手は自分のパフォーマンスをより高く評価してくれるチームに行くのが自然なこと。高い年俸を提示されたのでチームを移るのは薄情なことでも悪い事でもない。


もちろん現実は報酬だけで無条件に動くわけではないが基本はそうだ。







B2リーグ参入の条件として、年間売上1億円あること。


B1リーグ歳入の条件としての売り上げは具体的に発表されていないが、今年1年間のB1チームの売上と成績を見ると、あれこれと見えてくるものがある。


そこで、

Bリーグ開幕初年度、B1のチームの売上高をいくつか調べてみる。


特に運営から正式に公開されてないし、ネットで検索したネット新聞の記事レベルの情報なので、本当かどうかはわからない。が、それらの情報を鵜呑みにして考えてみる。


ちなみにサッカー、Jリーグだと、おおよその売上(チケット/スポンサー/グッズ/他など)と支出が全チーム公開されているので、ぜひBリーグもそうしてほしい。





スポンサーリンク



以下、4チームはネット新聞などから得た数字。それと、今年のB1の最終成績。


■B1リーグ

琉球 5億5000万円
仙台 4億3000万
北海道 4億円
富山 3億6000万


3.jpg


これを組み合わせて、売上と順位(強さ)を見てみる。


「売上が多いチームは強いのか」だ。


「強いチームが売上が多い」は、強いチームの順に観客動員数があるわけではないので的を得ていないと判断する。


■B1リーグ

琉球 5億5000万円 ― 8位(CS出場)
仙台 4億3000万 ― 18位
北海道 4億円 ― 13位
富山 3億6000万 ― 15位



売上と強さ、関係ないわけがない。


比例とまでは言わないが相関関係は見られる。


ここで、ネット新聞の文章を抜粋してみる。



(仙台について 河北新聞 宮城のニュースより)

■名のある選手を呼ぶには「少なくとも5億5000万~6億円の売り上げが必要」(中村彰久球団代表)

■売り上げは約4億3000万円と昨季より約6000万円増えたものの、B1で互角に戦うには全く足りない。

■仙台の総年俸は強豪チームの4分の1程度とみられ、選手獲得のマネーゲームに勝機はなかった。

■中村代表は「1季でB1に復帰するには、今季程度の売り上げが必要。B1に戻れても今のままでは毎年苦しい戦いが続く」と危機感を抱く。





(北海道について 2017年5月10日 スポーツ報知より)

■今季の入場料、スポンサー収入など総売り上げは約4億円で、初めて約3000万円の単年度黒字となる見込みだ。

■今季ホーム1試合平均入場者数は2766人でリーグ8位(1位は千葉の4503人)で、同CEOは「来季は平均3500人以上の入場者と、総売り上げも5億円を目標にしたい」





上記から、B1で戦うには「少なくとも5億5000万~6億円の売り上げが必要」というのは当たっている。


事実、琉球が5億5000万円で8位、CSに出場している。CS出場したチームは少なくとも5億5000万以上の売り上げがあると見て妥当だ。


スポンサー比率は全くわからないが、都市部の方が、元企業チームの方が、圧倒的に有利なはず。


チケット収入目線(観客動員数の目線)で見ると、栃木や千葉はともかく、三遠、川崎、A東京、渋谷、三河、が琉球を超えているはずがない。


ただし、三遠をのぞいて、他の4チームは元企業チーム。大企業がバックについているチーム。企業バスケではなくなったが、巨大な会社がスポンサーについている以上、なんだかんだで売上は高そう。
(川崎は東芝が大型スポンサーなので来季以降は微妙だが)


よって川崎、A東京、渋谷、三河の売り上げは6億円以上という勝手な予想だ。


三遠の売上は知らないが、観客動員数から見て琉球以上とは考えられないし、トヨタや日立、東芝などの上位の大企業NBLチームと比べて、スポンサー収入が大きいとは考えられないので、そういう意味では三遠は売上以上の成績をあげていると思った。元bjリーグで琉球とともにCSも出場したし。あとは動員数が課題か。




ちなみに上限、千葉の売上は9~10億円と聞いたことがあるので、B1リーグのチームの売上分布は現在、3億円(富山)~10億円(千葉)といったところか。


観客動員数(チケット収入)は目に見えるが、スポンサー収入(比率)は目に見えない。


サッカーと同様に考えるのはいかがなものかと思うが、基本的には全チーム、スポンサー収入>チケット収入、だと思う。


スポンサー収入50%/チケット収入50%かもしれないし、スポンサー収入70%/チケット収入30%かもしれない。スポンサー収入20%/チケット収入80%とかはあり得ないと個人的に思う。


なので、観客動員数が多いとは言えない「A東京、渋谷、三河、川崎」あたりが、実はBリーグで一番売上が多い可能性すらある。


大企業スポンサーが、ポンと5億10億出す可能性もある。地方チームは1社で100万円は十分あると思うが、少なくとも大企業トヨタのA東京へのスポンサー料金が100万円とか200万円とかは考えられない。企業の大きさが違う。







スポンサーリンク



また、「売り上げは約4億3000万円は、B1で互角に戦うには全く足りない。」


つまりB2リーグで売上が4億3000万以下のチームは、B1に行っても資金力で負ける可能性が高いのではないか。


その売上であれば今年の例をそのまま使うと、18位~15位を前提として参入といった感じ。北海道が売上4億円に対してリーグ13位と健闘したので、降格圏外の戦いは出来るかもしれない。CS出場はちょっとキツイといった感じか。


今期は3地区制だったので、今後総当たり戦になるとか、2地区になるとかすれば、また少しは違う結果になると思うが。


そういった面では、B2リーグは観客動員数を増やして認知度もあげて、それとともにチームを強化して、スポンサーを集めて、B1にふさわしい売上を目指す場所といえる。






極端だが、「売上高で戦えるリーグが決まる」という目線をすれば、

B2リーグで、売上4~5億円の売上をあげれるチームは、十分B1入りが出来る

B1リーグで、売上6億円前後であれば、降格圏外~CS出場可能性あり

B1リーグで、売上6億円を大きく超えれば、CS出場~リーグトップを十分狙える




といった勝手な分類をしてみた。仮説を立ててみた。


Bリーグ初年度が終わって、もしJリーグのように、総売り上げ/総支出が発表されるのであれば、この理屈と比較しながら見ることが出来る。


前述した、「Bリーグもおおよそでもいいので総収入/総支出を公開してほしい」といった理由がこれ。

Bリーグが好きで、スタッツや観客動員数などの数字も楽しんでいる人であればだれでも思っているのではないだろうか。






B2リーグからすると十分大きい4億3000万円の売り上げをあげた仙台が、

「1季でB1に復帰するには、今季程度の売り上げが必要。B1に戻れても今のままでは毎年苦しい戦いが続く」


と言っている。ただし3億6000万円の富山がB1残留をし、北海道が4億円で残留POを回避、それ以上の売上の仙台がB2降格なので、当たり前だが売上の順にぴったりシーズン順位が決まるわけではない。


クラブの収入源は大きく分けて、チケット収入/スポンサー収入の2つ。


この比率はチーム・地域ごとにバラバラなので何とも言えない。


もしかしたら、地方のチームは100社からようやく1億円を集めているかもしれないし、東京周辺のチーム、たとえばA東京はトヨタから何の苦労なしにポンと10億円20億円のスポンサー料をもらっているかもしれない。


スポンサー料だけで全ての年間コストを十分まかなえるので、実は観客動員数0人でも黒字になるのかもしれない。


完全にイメージで書いているが、あくまで極端な例だ。事実ではない。なのでファンが誤解を生むのを防ぐためにもリーグは公開してほしい。






少し熱を入れて特定チームを応援しているファンなら、チームが黒字、選手の報酬も高い、観客動員数が多い、そういうのも嬉しさの1つだと思う。


別にチームに勢いがあることで自分にメリット、利が返ってくるわけでもない。ただの自己満足だ。


少なくとも、応援してるチームが赤字で観客動員数低くて会場がスカスカで・・・よりは嬉しいと思う。


他人の財布の中身が気になっているわけではない。応援したいチームの売上や観客動員数を気にするのは少し熱の入ったファンならおかしなことではない。


全チームとは言わない、B1リーグのチームだけでもJリーグのように是非運営には公開してもらいたい。もちろん可能であればB2全チームも。





スポンサーリンク

コメント(3) 
共通テーマ:スポーツ