So-net無料ブログ作成
Bリーグ 観客動員数 ブログトップ
前の1件 | -

B2中地区、去年と今年のここまでの観客動員数を比べる ② [Bリーグ 観客動員数]

前々回にB1、前回B2東地区、の去年と今年の動員数を並べて、増減を比較してみた。

 前々回のB1 ⇒ http://wvouen.blog.so-net.ne.jp/2017-11-01
 
 前回のB2 ⇒ http://wvouen.blog.so-net.ne.jp/2017-11-09




同じように、B2リーグの中地区/西地区も比べてみる。




まずは、B2中地区。


茨城ロボッツ、群馬クレインサンダーズ、アースフレンズ東京Z、金沢サムライズ、信州ブレイブウォリアーズ、豊通ファイティングイーグルス名古屋、の6チーム。


a1.jpg


今年の方が多い: 茨城 東京Z 信州 FE名古屋 

去年の方が多い: 群馬 金沢



上記のような結果に。


全チーム、他地区にくらべて数字が大きく動いている。



茨城は、去年より明らかにベースアップしている。FE名古屋、東京Zとともに、去年と数字の並びが明確に違うチームの1つ。

昨シーズンの最終戦に3000人近くの大きな数字を出し、その流れを引き継いでいる印象。練習施設の建設やショップも出し、運営会社が積極的に活動したりスポンサーを集めたりしているのも大きい理由だと思う。

シーズン前は、中地区は茨城が独走するかとの予想だった。茨城は現在B2中地区1位であるが、2位に1勝差とほぼ横並びだ。ただ成績がいいのは間違いない。

上述のベースアップはかなり威力が大きい。普段は動員が少ないけどたまのドスンで平均値が高いチームより上。去年は最終節で大きな数字を出して何とか1000人超えたが普段は1000人を切る試合が多かった。それに対して今年は1000人切っている試合はまだない。上り調子のチームだ。




群馬は、去年の1200人より200人ほど平均を下げている。開幕ご祝儀の効果が残っている序盤で昨シーズン以下は正直痛い。原因は何だろう。

去年は東地区1位の看板を引っ提げて、行政にも会場のハコを大きくするよう協力を要請していた。動員数が少ないと説得力がなくなるので、ここはチームでもブースターでもなく、クラブの集客や営業の努力が必要そう。

去年から成績も上位、今年も中地区2位。スタッツは優れているだけに少しもったいない。開幕戦に3ケタの数字と物足りない。あとは動員数だ。




東京Zは、FE名古屋や茨城と同様、去年と比べれば明らかにベースアップしている。

去年は1000人超える試合も少なく、300人台もあり、最終節で7000人集めて平均を一番上げたチーム。今年は4ケタの数字が並んでいる。秋田戦はアウェイのおかげで2000人も記録した。

個人的にB2で一番素晴らしいアリーナだと思う。体育館でなくアリーナ。コートを囲むように席が配置していて、見晴らしもいい。しかも今年から吊り下げボードも採用している。

ただし、アスフレに関しては個人的な感覚で同意・共感しなくてOKだが、音響がうるさい。音響の近く、ベンチ裏の1階席あたりに座ってしまうと、耳の奥の鼓膜のあたりで火花がバッチバチ飛びまくるレベル。同じ理由で2階席でしか観戦しない/会場へは行かない人もいるのではないか。

せっかく動員が増えたわけだし、マイク(?)ボリュームを半分にして、音響は観客の声援に任せたらどうだろうか。







スポンサーリンク


金沢は、去年はB3ならが福岡と並んで平均が1000人超えと動員も多く、すでにB2中位に食い込んでいたチーム。

数字を並べると歴然だが、明らかに去年より数字が落ちている。開幕戦こそ多かったものの、それ以降はずっと500人前後の数字が並んでいる。B3だったころの方が動員が多い気すらする。

ツイッターかどこかで、地方開催のドサ回りが続くと見た気がする。メインアリーナ開催はたまにで地方の体育館にて開催ばかりなのかもしれない。

それが本当だとするとホーム8試合でメインアリーナが2試合のみ、明らかにB2基準のホーム6割開催いかないペース。B2に昇格したばかりでいろいろ変化があるので今年はこの感じでいくつもりなのかもしれない。




信州は、一見数字が大きく見えるが集客力がまだまだ欲しい。

去年も今年も、松本市で開催した時に3000-4000人の数字を数回出すので、それに引っ張られて平均を上げている。サッカーJ2で観客動員数が一番多い「松本山雅」のホームなので、地元スポーツを応援しに行く文化や地元の人の意識が高いのだと思っている。

ただ松本市開催は動員が多いものの、メインのホーム地の数字が低いのが難点。去年も松本市開催で3000人4000人を何度も上げたにもかかわらず、年間の平均は810人に留まっている。つまり平均を大幅に下げるくらいメインのホーム場所は低いということ。

松本市はあくまで出張先であってメインのホーム地元ではないと思うので(地元は千曲市?)、その動員数はあくまでボーナス。安定動員のためにもメインの平均を上げることが求められていると思う。



FE名古屋は、去年と一番数字の変化が大きいチーム。去年の平均800人の250%増、2000人の平均動員を上げている。

去年は軒並み1000人に届かず、最終節で1600人ほど。オフシーズンに何があったのかわからないが、それが今シーズンは軒並み2000人。開幕戦、FE名古屋で2000人超えは一度もなかったので大きな数字に驚いた。

開幕戦はシーズン一番の数字を出す傾向があるが、その後のホームの動員数も高く、秋田、仙台、熊本に続く現在B2で動員4位。

名古屋はチームが多くてお客さんの分散もあると思うので、動員の意味では個人的には不利なチームだと思っていたが、今後も去年と比べれば大幅増加の数字が並びそうな予感。

たった数か月のオフシーズンの間にこれだけ顕著に数字が伸びるのはイレギュラーなので、考えられる理由があれば是非聞いてみたいレベル。





前回もそうだったが、あれこれ考えながら調べながらブログを書いていると、1つ書いたあとはすでに次の節に入っていたりする。


現在のデータが先週のデータになってしまう。


このブログも前節の後くらいに書ければ良かったが、すでに次節に入ってしまっている。


西地区はまた後日書いてみたいと思う。






スポンサーリンク


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:スポーツ
前の1件 | - Bリーグ 観客動員数 ブログトップ