So-net無料ブログ作成
山形ワイヴァンズ情報/試合結果 ブログトップ
前の1件 | -

Bリーグ2年目開幕戦!山形ワイヴァンズvsライジングゼファーフクオカ [山形ワイヴァンズ情報/試合結果]

10/7、山形ワイヴァンズの開幕戦!相手はB3から昇格したばかり、2連勝の福岡、攻撃力があるまごう事なき強敵。



前回アウェイでバンビシャス奈良と対戦し、1勝1敗の山形。



1敗はしたものの、3Q終了時22点差で負けていた展開を、4Qだけで圧巻の37得点、一時逆転する
熱い展開を見せてくれた。



その中で特に際立ったのは、佐藤と河野と藤岡。



フルコートディフェンスで、足を動かし両手を動かし走りに走って4Qだけで5回のスティールの藤岡。これは確実に追撃のきっかけになった。



床に這いつくばっても相手外国人からボールをもぎ取って、そのままシュートを決めた佐藤。



ファールにはなったものの、鋭いスティールから速攻を決めた河野。しかもその後3点を2連続で決めて、一気に得点を縮めた。チームを鼓舞した1プレイだ。



山形は開幕前に急に外国籍が1人欠けてしまった。昨日今日で新しく加入したものの、連携やチームへの慣れは当然難しい。



対して福岡はほぼメンバーが変わっておらず、そのままのメンツでB2入り。外国籍のチームへの慣れは福岡が上か。



会場は天童。2000人にTシャツプレゼントもあって、会場に紫一色に染まった。





今日は強敵、福岡と対戦。



開幕戦のホーム、2000人以上はいるように見える。ホーム戦なので山形は負けられない。



さてどうなる。

b1.jpg

b2.jpg





スポンサーリンク

ぐはっ!!負けた!


1Qはお互いに点数もガンガン決める。ディフェンスはやや山形が上だ。



互いに一歩も譲らず、中や外のシュートの攻防。ただし福岡のインサイドが強い。リバウンドにインサイドに山形のゴール下をかなり支配している。











2Qの残り5分頃から山形の得点がピタリと止まる。対して福岡は連続得点。



福岡はカウンターの速攻と、ボールを回して回して落ち着いてシュートというシーンがちらほら。



山形が単発のシュート。福岡はボール回してのシュート。たったの3分くらいで16点差が一気についた。



後半も福岡のインサイドとディフェンスが光る。シュートを決められてもすぐに決め返す。





クリークモアがプレイでチームを鼓舞する。河野の3点が鋭く冴えている。佐藤が3点シュートにつづいてチェンジオブペースで2人を抜き去りシュートを決める。13点差。



山形に流れが変わったかと思ったが得点が伸びず停滞。福岡のシュートが上手。落ち着いたシュートを連続で決められて19点差。



福岡のペッパーズがすごい。中から外から全部決めてる感じ。山形はタフショットが多め。攻撃に苦労している感じ。20点差をうろうろ。



終盤まで福岡の安定したオフェンス、ディフェンス。点差もあってゆったりとした落ち着いた得点シーンが多い。点差が大きくは縮まらなず悔しい敗戦。



会場には2290人以上の観客がきた。昨年の開幕戦は2100人、シーズン最高が2260人くらいだったので、Bリーグになってから過去最大の数字。ちなみにワイヴァンズの最大の数字はNBDL初シーズンの最終節の3001人。



2Qの終盤に福岡のディフェンスに攻めあぐねた山形、明日はリベンジしてほしい!





スポンサーリンク

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の1件 | - 山形ワイヴァンズ情報/試合結果 ブログトップ